スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
働いている人の本音を活かしきれる会社は発展する

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「働いている人の本音を活かしきれる会社は発展する」です。


私は以前、ある大手の金融関係の会社に入社して二年目という若い男性から、

こんな話を聞いたことがあります。

「ぼくは、研修期間を終え、今年からいまの部署に正式に配属になったんです
が、そこで上司の一人に『みんな会社のなかでは思っている本音の二十%も出
していないんだよ』といわれ、これが会社というところなのかとすごくショッ
クを受けたんです」

たしかに、ただ単に自分勝手な本音なら、組織のなかでは受け入れられないの
ですが、そうではなくて、その会社や社会にとって本当に必要な本音ならば、
それをいえない会社というのは非常に問題があるのです。

たとえば、外食産業の会社で、新しいメニューを開発したときに、味を聞かれ
た部下が上司の開発したものだからといって、あまりおいしくないものを、
「さすがおいしいですね」とウソをいったとします。もしそのまま、そのメ
ニューが採用になったとしたら、お客さんにとっても会社にとってもマイナス
になりますよね。

お客さんや社会に貢献することからはずれて、企業の発展はないのです。

なかには、会社ぐるみで明らかに社会に反していることをしているような会社
もあります。いま世間を騒がしているような不正取引や、ワイロ、有害物質の
使用などです。その場合は、黒を白といわなければ生き残っていけないという
ことも現実にはあります。

そのような場合は、その人の人生観の問題になってきます。自分のその会社の
なかでの保身や、ただその会社の利益のみを考えたときは、白ということにな
るでしょうが、自分の人生観にもとづいてこれはどうみてもおかしい、どうみ
ても黒だというのが本音だとしたら、毅然と「NO」といえなければならない
でしょう。

その結果、もしクビになったら、それはそれでいいじゃないですか。これくら
い腹をくくれる人ならどこに行っても食べていけます。そこで保身のために口
裏を合わせ本音をいえない人は、その会社では生き残れるかもしれませんが、
他では勤まらないでしょう。

これからは、一人ひとりが本当に会社や社会のために本音をいいきれるような
会社を選ぶことが大切です。また経営者も、そのような本音を社員に出させる
ことが、これから会社を発展させるためにも必要なのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



スポンサーサイト

テーマ: 社長ブログ | ジャンル: ビジネス

グチは焼鳥屋でなく、会社でいえばできるビジネスマンになる | Home | 会社にリストラされる前に、自ら会社をリストラせよ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。