スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
罪悪感をなくすには、本当の自分に気づくしかない

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「罪悪感をなくすには、本当の自分に気づくしかない 」です。

 罪悪感にさいなまれ、それによって苦しんでいる人は多いものです。家族を苦しめてしまった、親孝行ができていない、自分の責任を果たせなかった、などいろんな罪悪感を人は持っています。そしてその罪悪感というのは普通は簡単になくなるものではないのです。

 では罪悪感というのは一体どこからくるのかというと、何か対象物があってはじめて生まれるものなのです。その対象物というのは、こうあらねばならないという観念や社会的常識など、いろいろ教わったり、学んだりしたことです。そのような対象と現状が違うから罪悪感が生まれるのです。その差が大きければ大きいほど罪悪感は大きくなります。

 本当は職人の道に進みたかったのに、親からいい大学を出て一流企業に就職するようにと期待され続けて、結果受験にも就職にも失敗してしまったとすると、親に対して罪悪感を持つことになります。

 罪悪感を生みだしている一つの原因は、現代の教育にもあるでしょう。子供のころから頭のなかに、こうしなければならない、あれをやってはいけない、いい点数をとる生徒がいい子、というように徹底的に一つの観念を詰め込まれているからです。実際はそのとおりになる人はいないのです。

 人や世間から与えられた目標に向かう限り、百%それを達成できることはありませんから、全員少なからず罪悪感を持つことになってしまいます。

 では罪悪感をなくす方法があるのかというと、それは一つしかないのです。

 それは、本当の自分自身に気づくことなのです。頭でこうならなければと設計する自分でもなく、こうなりたいと思う心でもなく、さらにその奥にある本当の自分(私は「真我」と呼んでいます)に気づくしかないのです。

その本当の自分から愛がわきでてくる、感謝が溢れでてくるようになれば罪悪感は消えてなくなるのです。そして、その人本来のやるべきことをやるようになるのです。その人本来のやるべきこととズレたことをしているから罪悪感が生まれるのです。自分の寸法に合わないことをやるから、罪悪感が生まれるのです。

 ですから、じつは自分で考えた夢や目標を持つことすら、罪悪感を生みだす可能性があるのです。自分の寸法に合ったことをやれば問題はないのです。


一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







スポンサーサイト

テーマ: 幸せに生きる | ジャンル: 心と身体

ムダな勉強をし過ぎるな | Home | 空しさとはじっくりとつきあえば答が出る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。