スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自信はつかない、自分を認めた分だけわき出る

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「自信はつかない、自分を認めた分だけわき出る 」です。


 一般的に、「自信がつく」とか「自信がついた」というように表現しますが、自信というのは後からつくものではないのです。

 人間は、どんな人であっても、すべてに完全で生まれてきているのです。

 自信のあるなしとは、もともと人間の持っている本当の素晴らしさを、自分自身で認めた心の分量のことなのです。自分の素晴らしさを自分で認めた分だけ、自信がついたということになるのです。

 二十代後半のT・Aさんはコンピュータ関係の営業の仕事についていました。彼は一般的な営業マンのイメージとは違い、声も小さくうつむき加減で、オドオドとして暗い印象を与えていました。

 その彼がお母さんの薦めで私の講演を聞きにきました。お母さんとしては、いま一つ仕事でも人間関係においても、自信の持てない息子に自信をつけさせたかったのでしょう。

 その後、私はお母さんからの連絡で、その彼が誰もが見違えるような人物に変身してしまったことを聞かされました。

 それまではいつも業績が振るわず、上司からボヤかれてばかりいたのが、いまでは部のトップクラスの業績を上げられるようになったのです。そればかりか、上司からはさらに重要な仕事を与えられ、後輩からも頼りがいのある先輩として慕われるようになったのです。親戚や学校時代の友人たちからも「まるで別人みたいだね」といわれるような明るく堂々とした人間になったというのです。

 人間のなかには、光り輝いている素晴らしい能力、無限の可能性があるのです。

 しかし、一度の失敗や、他人からの非難や中傷、消極的なアドバイスなどによって、人間が本来持っている素晴らしいダイヤモンドに埃をかぶせてしまうのです。

 T・Aさんの場合もおそらく過去にそんな苦い経験があって、自分で埃をかぶせてしまっていたのでしょう。

 彼は素直な心で、自分のなかの素晴らしいダイヤモンドをそのまま認めることができたのです。自分のなかにあるすごい力を認めた分だけ、自信がわき出てきたのでしょう。

 自分自身のなかに、計り知れない能力があることをただ信じることなのです。



一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







スポンサーサイト
逆境こそ気づきのチャンス | Home | 人事を尽くして天命を待つな、天命を悟って人事を尽くせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。