スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不況期には誠実な人間にチャンスが訪れる

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「不況期には誠実な人間にチャンスが訪れる」です。


日本はいま、経済危機に瀕していると多くの人がいいます。確かに大企業でさ
えも安泰とはいえない時代になり、株も通貨も長期的には下落を続け、不安な
材料ばかりです。

だから、すべてにおいて悲観的かというと、そうではないのです。

危機という言葉のなかには「危険」と「機会」という二つの側面があります。
つまり、一見危険な状態ですが、また同時に、チャンスでもあるととらえるこ
とができるのです。

そして、これからは誠実に生きている人にこそチャンスが訪れるのです。

大きな地震がきたとき、つぶれる家と、残る家とがあります。そのときにはじ
めて、家を作った人の真価が問われます。外側の体裁を整えるだけで、肝心な
ところを手を抜いて作ったか、目に見えないところも手を抜かないで作ったか、
この差が明確に出るといってもいいでしょう。

神戸の震災のときには、高速道路の橋脚工事が信じられないような手抜き工事
だったことが判明し、話題になりました。あれは、自分たちだけの都合で仕事
をした結果といえます。工事の効率と利益率が一番という考えが、根底にあっ
たからに違いありません。利用する市民のため、安全確保のためを本当に考え
て徹底していたならば、あんなずさんな工事は絶対にしないはずです。

不況になると、消費者の財布のヒモは固くなります。それに伴い、より質の高
いもの、いわば本物しか売れなくなるのです。本物で本質をついた商品しか買
われなくなるのです。

本物を作ったり、本物のサービスをするには、本物の人間になるしかないので
す。

では、本物の人間とはどういう人間かというと、それは、次の二つを常に実行
し続けている人なのです。

一つは、自己を成長させること。

もう一つは、人に心から喜んでいただくこと、人の役に立つことです。

逆に本物ではない人間というのはお金や出世が第一で、そのためには人をだま
そうが、陥れようが、手段を選ばない人たちです。

これからはますます、誠実で本物しか生き残れない時代になってきます。あな
たも一刻も早く、本物を目指さなければならないのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



スポンサーサイト

テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性 | ジャンル: 心と身体

能力があっても嫌われる人は力が出ない | Home | 組織の拡大から自分自身の成長へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。