スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
臨終を想像してこそ、生きる確信がわく

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「臨終を想像してこそ、生きる確信がわく」です。

私は、仕事や人間関係やいろんなことで障害にぶつかって苦しんでいる人がい
ると、最後にはこんなアドバイスをします。

「あなたもいずれは死ぬんですよ。死ぬという観点からものごとを観てごらん
なさい」

生きている人はいずれ全員死にます。どんな権勢を誇ろうが、どれだけ財宝を
積もうが全員、例外なくすべてを置いてあの世に行かなければなりません。必
ず人生には限りがあります。

だからこそ、われわれはこの限られた人生のなかで一分一秒を大切にしよう、
この限られた命をこの出会いを大切にしようとなるのです。今日、いま、この
瞬間を大切にしよう、もっと喜びをもって生きよう、と思うのです。

死を見ることによって、逆に生が光ってくるのです。希少価値が出てくるので
す。一個のダイヤモンドを採るのに、何トンもの岩を削らなければいけないと
思ったら、ものすごく希少価値が出てきます。あなたの人生は人類の長い歴史
からいえば、ほんの一瞬にすぎないのです。あなたの生きている時間というの
は、二度とない本当に大切なものなのです。

しかし実際にわれわれが、普段あまり死というものを真剣に考えないのは、一
つには、死というものを悪いものとしてとらえる考え方があるからだと思いま
す。いいことだけを考えようというゆがんだプラス思考も原因しているかも知
れません。

私たちはもっと真剣に、死というものと向かい合わせになることが大切です。

死というものを深くとらえるために、不謹慎かも知れませんが、葬式に喜んで
行ってみることをおすすめします。

そして、故人の顔を浮かべて、生前のことを思い浮かべてみるのです。たどっ
た足取り、残した業績、人とのかかわり、与えた影響、あなたとのささいな会
話、楽しかったこと、苦しかったこと、いろんな場面を思い浮かべて、故人を
偲んでみてください。

その上で、故人は本当に悔いのない人生だったのだろうか、心から満足して亡
くなったのだろうか、と考えてみるのです。やがてそれらを自分自身にも置き
換えてみるのです。そこから必ずわき出てくる心があるのです。その心からい
まの状況を見てみるのです。まったく違う考えが出るはずなのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



スポンサーサイト

テーマ: 心と幸せ | ジャンル: 心と身体

思いもよらない人生にこそ価値がある | Home | 自分の周りに起こることは自分の心の反映
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。