スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
肩書きをはずして自分をみつめる

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「肩書きをはずして自分をみつめる」です。


私たちは、生きているなかで、知らず知らずに見えない洋服を着ています。厚
い洋服を着れば着るほど皮膚感覚がにぶくなります。洋服を脱げば脱ぐほど素
肌に近くなり、いろんな世の中のことや人のことに敏感になってきます。

いま私が洋服といったのは、肩書きのことです。

これからは、できるだけ洋服を脱いで素肌で感じるようになる必要があります。

そして、皮膚よりもっと奥にあるのが心、さらにその奥にあるのが魂です。

より深いところで、ものごとをとらえ発想できる人間こそが、これからの世の
中の本質を観る能力がある人間といえるでしょう。逆に肩書きや地位だけでも
のごとをとらえると、本質は絶対に観えてこないのです。

社長だから、大臣だからというのと、人間性は関係ないのです。

本人も自分は偉いからと思っていると、本質的なレベルアップが止まってしま
います。

名刺や肩書きだけで人を判断して生きるというのは、非常に情けない生き方で
す。

そんなものをすべてはずして、その人を丸裸で見たときに、なおかつ素晴らし
いといわれる人間にならなければいけない。そうでなくては本物とはいえない
のです。

一度いま着ている厚い洋服を脱いで、そして、知らない人のところへ行って、
人間的にどれだけ認めてもらえるのかを試してみるといいでしょう。

ナポレオンが「人間はオモチャで動く」といいました。

オモチャとは勲章のことです。勲章さえ与えておけば、人間は喜んで命さえ懸
けるといっているのです。まさに私たちにはそういうところがあるのではない
でしょうか。

肩書きで動かされたり、人を動かしたりするのではなく、人間性で動いたり、
人を動かしたりできるようにならなければいけません。

本当に日々人間的に成長していければ、むしろ肩書きが邪魔にすらなるのです。
昔の肩書きも、いまの肩書きも、もう過去の産物だからです。

いい服を着ようが着まいが、要は中身の問題なのです。人間的な中身をピカピ
カに磨いて、「おっ、何かこの人はすごいな」と思わせるような、そんな人間
になっていただきたいのです。それも人間のど真ンなかを磨いていただきたい
のです。



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



スポンサーサイト

テーマ: スピリチュアルライフ | ジャンル: 心と身体

どんな嫌いな上司ともいい関係は築ける | Home | 会社人間はやがて絶滅する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。