スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
つぶれる会社は早く倒産したほうがいい

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「つぶれる会社は早く倒産したほうがいい」です。


不況といわれる現在の日本にあって、とりわけ斜陽産業といわれている業界で
は、中小企業は軒並み倒産の危機にさらされています。

私は、そういった会社の経営者に相談をもちかけられることも多くあります。
普通の経営コンサルタントならば、何とか会社を持ち直させるための指導をす
るのですが、私は、ときには逆に、会社をつぶす手助けをします。

というのは、この先倒産への道をたどるだろう、ということが確実にわかれば、
傷口が少ないうちに閉めたほうがいいからです。

経営者からすれば、自分が汗水流して育ててきた会社は、自分の子供のような
ものですから、それを守ろうとするのは当然です。そして、状況がどんなに悪
くても、かつてのような栄光と繁栄がまた必ずくると信じたいものです。その
気持ちは痛いほどわかります。

知っておいていただきたいのは、会社には一秒たりとも現状維持はない、とい
うことです。つまり、繁栄の方向に向かっているか、衰退の方向に向かってい
るか、その二つに一つなのです。

いま、このまま行ったらどうなるか。冷静に考えれば先は明確に見えてくるも
のです。

もし、衰退の方向に向かっていて、社会の流れにもそむいているのならば、も
う再建は無理です。一刻も早く整理したほうがいいのです。

そして、社会全体が求めているものに対応できるように再構築するか、いった
んきれいにすべてを捨てることです。

私たち、特に経営者は、会社はそもそも何のために存在しているのかを、改め
て考えてみる必要があります。

それは本来、社会や多くのお客さんに喜んでもらって役に立つためにあるので
す。それが、社会から「もういらないよ」といわれているのに、なぜ自分たち
のためだけに、悪あがきをしているのでしょうか。「社員の生活を守るためだ
よ」というのは、言い訳に過ぎません。その会社が倒産したって、どこか他の
ところでちゃんとやっていくものです。むしろ、世のなかから必要ではなく
なった会社に、いつまでも置いておくほうが、よほど社員にとってはマイナス
です。早く他に移ってもらったほうがお互いのためなのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



スポンサーサイト

テーマ: 心に響く言葉・メッセージ | ジャンル: 心と身体

会社人間はやがて絶滅する | Home | 転職は結婚と同じ、経営者との相性が一番大事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。