スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
失敗は成功のもとにも、失敗のもとにもなる

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「失敗は成功のもとにも、失敗のもとにもなる 」です。

 「失敗は成功のもと」とエジソンがいいました。

 まさにそのとおりなのですが、正確にいうならば、失敗から成功を生み出すのも、失敗から失敗しか生み出さないのもあなた次第なのです。  ここに二人のビジネスマンがいたとします。

 一人はどんな仕事をやるのも、非常に慎重に考えてからでないと実行に移せないタイプとします。いつも、グズグズ考えてばかりいる。

 一方、もう一人はとにかく一度この方法でやってみようと決めたら、思い切ってやるタイプだとします。どちらかというと、先に行動をしてしまうタイプです。

 前者は、市場調査をしてからでないととか、前例はあるのか、失敗したらどうするのか、競合があるから勝てないんじゃないか、まだ技術力が弱いんじゃないか……というように実行に移す前にあれやこれやと考えてしまいますから、なかなかいざ実行といきません。

 このグズグズと考えている間は、成功も失敗もなく、失敗以前の問題です。

 後者は、ある程度の予測と計画を立てたら、さっと実行に移しますから、結果も早くでます。そして仮に失敗したとします。

 しかしこの人は、この経験から、こうしたら失敗するんだな、というノウハウを得ることができます。失敗から教訓を得ることができるのです。ノウハウと経験はそれ自体が大きな財産です。そう考えれば、既にそれそのものが成功ととらえることができるのです

。  そして、そのノウハウをもとに、次の手が打てます。そしてさらにそこからまた新しいノウハウを得ます。そうやって繰り返していくうちに、いつかは必ず望んだような結果が出てくるのです。

 では、失敗という経験をすぐに成功に結びつけるポイントはどこにあるのでしょうか。  それは、ひと言でいうと、素直な心にあると思います。

   素直な人はサッサッと行動し、ああこれをやると失敗するんだなとか、こういうところはムダなんだな、というふうに、経験から素直に学び、それを次に活かしていきます。しかし、後者のようにいつもこだわりがあったり、自分を正当化したりする人は、せっかく出た結果をノウハウにも経験にもすることができないのです。


一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







スポンサーサイト

テーマ: 幸せに生きる | ジャンル: 心と身体

人生に修業は本来必要ない

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「人生に修業は本来必要ない 」です。

 先程の勉強の話と同じで、私たちはもうそろそろ「修業」もする必要はないのです。

 長年、精神世界を探求してきた五十代のS・Yさんという女性は、修業はいらなかったんだ、ということに気づいた一人でした。彼女はある宗教団体に属して熱心に修業を積んだり、他にもいろいろな団体や先生方を訪ね勉強をしてきました。そして、修業をたくさん積まなければ、と思って努力してきました。

 ところがいくら勉強しても、いくら教わったとおりに修業をしても、不安感はなくならず、結局、人に頼ったり甘えたりする心が出てしまうのでした。やがて彼女は、精神世界を追い求めて私のもとにやってきたのです。私の話は彼女にはとても新鮮だったようです。いままで教わったのと百八十度くらい違ったようです。

 そして、いままで一生懸命修業を積んできたけれども、そんなことをしなくてもよかったんだということに気がついたのでした。まさに目からウロコがとれたような顔をしていました。

 彼女はいまではグッと腹がすわり、どんなことが起こっても動揺しなくなったといいます。それにとどまらず、何に対しても、感謝の気持ちが湧いて出てくるようになったといっています。

 サッカーの三浦知良さんの若いときの話を、どこかで読んだことがあります。

 「高校を中退して、ブラジルでサッカーをしていたとき、母親から送られてきた手紙のなかに『若いときは苦労は買ってでもしなさい』と書いてあったんですけど、『どこにも苦労なんて売ってないよ』と返信の手紙を出したことがあります」

 彼は実際はブラジルでは人種差別を受けたり、チームの他の選手からパスをもらえなかったりと外から見ると苦労をしてきています。しかし、彼にとっては、好きなサッカーを高レベルでできるというだけで、全然苦労なんて思わなかったのでしょう。

 自分がこうやって活かされていて、自然に行く方向がわかったら、ほとんど修業も苦労も努力もしないでいい世界があるのです。本当は、花が自然ときれいに咲くような生き方ができるのです。この一瞬一瞬を私たちは活かされているし、それに喜びをもって生きることが大切なのです。わざわざ苦しい思いをすることはないのです。


一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







テーマ: 人生を変えたい! | ジャンル: ビジネス

自分を信じれば直観力が増し、営業成績がグンと上がる

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「自分を信じれば直観力が増し、営業成績がグンと上がる 」です。

 売れる営業マンと売れない営業マンの決定的な違いは、じつは自分のことを信じているか否かにあるのです。そして、自分のことを信じている度合いがグッと高まってくると、直観が働いてくるのです。

 直観が鋭い営業マンは、とにかく何をやってもうまくいくのです。やることなすことみんな、ズバリズバリと当たっていきます。ですから当然どんな時代でも売れるのです。

 三十歳になるT・Kさんは外資系の保険会社の営業マンでした。

 自分の力を試したくて、数カ月前にそれまで勤めていた会社を辞め、歩合制である保険の営業の仕事に就きました。最初ははりきっていたようなのですが、なかなか思うように契約が取れず、すっかり自信を失っている様子でした。

 「誰にでも営業はできるのでしょうか。私には向いていないように思えるんですけど」

 私の講演を聞きにきた彼は、懇親会の席で、私にこう聞いてきました。

 私は彼の表情を見て、向き不向きという以前に、彼が自分自身を信じていないことに問題がある、ということをいいました。彼が自分を信じないかぎり、営業に限らずどんな仕事をしてもうまくいかないからです。

 真剣なまなざしで聞き入っていた彼は、約一ヵ月後に次の手紙を送ってきました。

「自分は営業には向いていないばかりか、仕事のできない人間じゃないかとさえ思ってしまい、自分に対しての自信が持てなくなっていたのです。

しかし、佐藤先生の話を聞いて、じつは自分に一番足りなかったのは、能力や営業マンとしての資質ではなく、とにく自分自身を信じることだったということがよくわかりました。

あれからなぜだか、自分の内からわけもなくメラメラと自信が湧いてきました。一番頼りになるのは自分自身であること、そして、答えは自分のなかに眠っていたということが実感できるようになりました。

そして何より驚いたのは、どんどん直観が出てきたことです。

お客さんと会って商談をしていても、何も情報を持っていなくても、そのお客さんに必要なものがパッパッと浮かぶのです。ですから、とてもお客さんに喜ばれ、契約も今月は自分でも驚くほどたくさんとれました」

 自分を信じることが、直観力を引き出すのです。驚くべき力があなたにもあるのです。





一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







テーマ: 人生を変えたい! | ジャンル: ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。