スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムダな勉強をし過ぎるな

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「ムダな勉強をし過ぎるな 」です。

 「一生勉強」などといいますが、表面から多くの知識を詰め込むような勉強は、そろそろ卒業したほうがいいでしょう。

 私たちが一生死に物狂いで勉強しても、その知識は九牛の一毛、といわれています。科学の世界にしても、世界のトップレベルの科学者が、「われわれが研究した結果分かったことは、われわれにはまだ何もわかっていないということだ」といっているように、知識のレベルではたかが知れているのです。

 考えてみれば、人間の体一つをとってみてもわかることです。心臓がどういう機能があって血液のなかには何があって、ということはかなりわかっているけれども、ではどうして人間は心臓を動かせるのかということはまだ何もわかっていないのです。そもそもどうして人間が生きているかすらまったくわかっていないのです。

 宇宙全体からすれば、先端の科学者も小学生も、その知識の量は五十歩百歩だということなのです。まず私たちはそのことを早く知ることです。

 そんなわずかな知識をもとに、私たちは、善悪を判断したり、価値基準をつくったり、常にそんな発想をしています。

 問題は、これから先に起こる出来事に対して、過去に勉強したことが本当に役に立つか、ということです。

 例えば、歴史を学んでも、織田信長や豊臣秀吉や徳川家康は、みんな殺し合いをしていたのです。それが未来の政治に本当に役立つでしょうか。

   科学を勉強する。でもそれは既に証明されたことで、聞けばわかる、それまでです。

 もちろんある段階までは必要でしょう。しかし、特に日本では、年をとってもただ知識を入れるという学校の勉強的な発想で終わってしまう人がほとんどです。

 日本からノーベル賞学者がほとんど生まれないのもそのためです。「学ぶ」という発想から抜けきらない。「創造する」という発想が弱いのです。

 外からたくさんの知識を入れなくても、もともと自分のなかにすべてを見通す目、すべてを聞き通せる耳、すべてを読み取れる心、があるのです。万能なのです。それを発揮するには、心の奥を開発するしかないのです。


一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







スポンサーサイト

テーマ: 幸せに生きる | ジャンル: 心と身体

罪悪感をなくすには、本当の自分に気づくしかない

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「罪悪感をなくすには、本当の自分に気づくしかない 」です。

 罪悪感にさいなまれ、それによって苦しんでいる人は多いものです。家族を苦しめてしまった、親孝行ができていない、自分の責任を果たせなかった、などいろんな罪悪感を人は持っています。そしてその罪悪感というのは普通は簡単になくなるものではないのです。

 では罪悪感というのは一体どこからくるのかというと、何か対象物があってはじめて生まれるものなのです。その対象物というのは、こうあらねばならないという観念や社会的常識など、いろいろ教わったり、学んだりしたことです。そのような対象と現状が違うから罪悪感が生まれるのです。その差が大きければ大きいほど罪悪感は大きくなります。

 本当は職人の道に進みたかったのに、親からいい大学を出て一流企業に就職するようにと期待され続けて、結果受験にも就職にも失敗してしまったとすると、親に対して罪悪感を持つことになります。

 罪悪感を生みだしている一つの原因は、現代の教育にもあるでしょう。子供のころから頭のなかに、こうしなければならない、あれをやってはいけない、いい点数をとる生徒がいい子、というように徹底的に一つの観念を詰め込まれているからです。実際はそのとおりになる人はいないのです。

 人や世間から与えられた目標に向かう限り、百%それを達成できることはありませんから、全員少なからず罪悪感を持つことになってしまいます。

 では罪悪感をなくす方法があるのかというと、それは一つしかないのです。

 それは、本当の自分自身に気づくことなのです。頭でこうならなければと設計する自分でもなく、こうなりたいと思う心でもなく、さらにその奥にある本当の自分(私は「真我」と呼んでいます)に気づくしかないのです。

その本当の自分から愛がわきでてくる、感謝が溢れでてくるようになれば罪悪感は消えてなくなるのです。そして、その人本来のやるべきことをやるようになるのです。その人本来のやるべきこととズレたことをしているから罪悪感が生まれるのです。自分の寸法に合わないことをやるから、罪悪感が生まれるのです。

 ですから、じつは自分で考えた夢や目標を持つことすら、罪悪感を生みだす可能性があるのです。自分の寸法に合ったことをやれば問題はないのです。


一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







テーマ: 幸せに生きる | ジャンル: 心と身体

空しさとはじっくりとつきあえば答が出る

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「空しさとはじっくりとつきあえば答が出る 」です。

 世のなかには何をやっても空しいという人がいます。好きな仕事をやっているはずなのに、以前のような充実感がない。仲間と遊びに行っても、好きな映画を観ても、お酒を飲みに行ってもどうしても空しい、生きていること自体が空しい、という人がいます。仕事も順調で十分に収入もあり、はためには何も不自由がなくても空しい人は空しいのです。

 そういう人はじつは、心の世界では普通の人より一段レベルの高い人なのです。

 いままで価値があると思っていた、地位や名誉や財産や、何か好きなモノといういわば物質的な価値観が薄れてきた証拠なのです。そして、もう次の価値観にシフトする段階にきているということです。

   ちょうど、あるおもちゃで夢中で遊んでいた子供が、成長するにつれて、もうそのおもちゃには興味がなくなってしまった、というのと同じです。そうするともっとおもしろい高度なおもちゃが欲しくなります。

 本人にもう価値がないと思ってしまったら、どんなに社会的にステータスがあろうが、年収が何千万あろうが、価値がない。それまでのような生き方を続けること自体がどうしようもなく空しくなります。

 ではどうしたらそういう空しい状態から抜けられるかというと、求めるしかないのです。

次のより高いレベルのものを求めなければなりません。本人にとって、本当に価値あると思えるものを見つけださなければなりません。一歩踏み込んで求めてみるのです。

 いままでと同じレベルのものをどれだけ探しても、ますます空しくなり、精神的に追いつめられてとても苦しむことになります。逃げ道は一つ、上にしかないのです。

 子供が、いままでさんざん遊んだおもちゃをいとも簡単に手放してしまうように、軽やかにこだわりを捨てて、探すのです。

 どうしても私たち大人の世界では、世間体があったり、経済的な理由があったりで、すんなりと「やーめた」といって、手放すことができない人が多いのかもしれません。

 しかし、自分にとって価値がなかったら、誰が何といおうとも、早く価値がないと認めてしまうことです。そして、本当に価値があるものを求めるのです。次の価値観にシフトしきれるかどうかが、その後の人生を大きく左右するのです。


一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







テーマ: 人生を変えたい! | ジャンル: ビジネス

不安はすべて書き出してみよう、解決策は無限にある

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「不安はすべて書き出してみよう、解決策は無限にある 」です。

 不安で不安で仕事が手につかない、という人がいます。自分が会社で認められるだろう かという不安、本当にやりたい仕事ができるだろうかという不安、生活の不安、結婚相手が見つかるだろうかという不安、子供の不安、老後の不安、健康の不安……考え出したらきりがないほど不安はあるかもしれません。

 私は、不安でやるべきこともできないという人には、その不安を一度、全部紙に書いてみるようにすすめています。

 不安から不安を解決することはできないのです。悩みから悩みを解決することはできないのです。頭のなかだけでそれを考えていると、だんだん妄想になって勝手に膨らんでいく可能性があります。

 紙に書いてしまえばそれ以上は膨らまないのです。いったんすべて紙に書いてしまうと、今度はその横に解決策を書いていきます。そうやっていると、じつは解決策は無限にあることに気づくのです。ですから、実際、徐々に解決の方向に向かっていくのです。

 それに紙に書いているうちに、「なんだ大したことじゃないな」と思うようなことも結構でてくるものです。でも、案外私たちはささいなことで不安に思って行動ができなくなったりするものです。

 そして不安も細かく分けていくと、それほど取るに足らないことかもしれません。あれもこれもあるから、得体のしれない大きさになってしまっているだけなのです。その得体の知れない不安というものの正体を明らかにすれば、それだけで全然違うのです。

 「いまのままでは会社からクビを切られるかもしれない」という不安だとしたら、それをもう少し細かくくだいていきます。

 「今度の人事異動まではまず問題はないが、それ以降はわからない」「クビになったら、転職先があるかどうか不安だ」「失業保険が半年間給付されるので、その間は大丈夫だが その後が不安だ」……というように書き込んでいくのです。そうすると具体的な不安の内容と、それに対処する方法が少しずつ見えてくるはずです。

 大切なことは、不安があるときにそれを解決しようと焦るのではなく、まずは不安感を解消することなのです。そのためには、紙に書きだしてみるのが一番いいのです。


一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







テーマ: 人生を変えたい! | ジャンル: ビジネス

逆境こそ気づきのチャンス

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「逆境こそ気づきのチャンス 」です。


 人生のなかでは何度も逆境といえるときがあるでしょう。もし、あなたがいまそういう状態にいたとするなら、逆境こそ気づきの絶好のチャンスだといいたいのです。

 私の講座の受講生でもある四十三歳のT・Mさんは、ある有力メーカーの役員をやっていました。ところが会社の業績が大幅に悪化して、二百四十人いる社員を百二十人に半減するという大リストラ計画が立てられたのです。

 会社自体も大ピンチですが、彼自身も今後どうすべきかを真剣に考えました。役員だから倒産でもしないかぎりクビになることはないけれども、果たしてこのまま会社に身を置いていてよいのだろうか、と悩みました。

 彼の下した結論は、これを機に会社を退職し、自分を活かして世のなかに役立つような新たな仕事に就こう、というものでした。

   彼はいま人材会社のコンサルタントとして活躍しています。そして、多くのビジネスマンに対して、将来自分を活かすためにはどうしたらよいか、といったことについてアドバイスを与えています。

 人生にしろ会社にしろ、現状維持ということはないのです。人は一秒一秒死に向かっています。会社も発展か衰退のどちらかしかないのです。刻一刻と変化しているのです。

 水の入った二つのナベのなかに、それぞれカエルを入れたとします。片方のナベは強火でバッと温めたとします。もう一方は弱火でとろとろと温めたとします。その時にどちらのカエルが助かるでしょうか?

   答えは強火で温めた方です。なぜなら、水が急激に熱いお湯になるのですから、カエルは驚いて尻に火がついたようにバッと跳び出すでしょう。

 ところがとろとろ温まってくると、その水が温まっていることに気がつかず、こちらのカエルはゆで上がって死んでしまう可能性があるのです。

 終身雇用でとろとろと勤めていて、定年になって、「はいご苦労様」と用無し人間になるより、リストラか何かの逆境に会い、強火でバッと尻に火がついたほうが、気づきも得やすいのです。自分の人生を見直すきっかけですから、逆境はチャンスだととらえられるようになればよいのです。


一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







自信はつかない、自分を認めた分だけわき出る

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「自信はつかない、自分を認めた分だけわき出る 」です。


 一般的に、「自信がつく」とか「自信がついた」というように表現しますが、自信というのは後からつくものではないのです。

 人間は、どんな人であっても、すべてに完全で生まれてきているのです。

 自信のあるなしとは、もともと人間の持っている本当の素晴らしさを、自分自身で認めた心の分量のことなのです。自分の素晴らしさを自分で認めた分だけ、自信がついたということになるのです。

 二十代後半のT・Aさんはコンピュータ関係の営業の仕事についていました。彼は一般的な営業マンのイメージとは違い、声も小さくうつむき加減で、オドオドとして暗い印象を与えていました。

 その彼がお母さんの薦めで私の講演を聞きにきました。お母さんとしては、いま一つ仕事でも人間関係においても、自信の持てない息子に自信をつけさせたかったのでしょう。

 その後、私はお母さんからの連絡で、その彼が誰もが見違えるような人物に変身してしまったことを聞かされました。

 それまではいつも業績が振るわず、上司からボヤかれてばかりいたのが、いまでは部のトップクラスの業績を上げられるようになったのです。そればかりか、上司からはさらに重要な仕事を与えられ、後輩からも頼りがいのある先輩として慕われるようになったのです。親戚や学校時代の友人たちからも「まるで別人みたいだね」といわれるような明るく堂々とした人間になったというのです。

 人間のなかには、光り輝いている素晴らしい能力、無限の可能性があるのです。

 しかし、一度の失敗や、他人からの非難や中傷、消極的なアドバイスなどによって、人間が本来持っている素晴らしいダイヤモンドに埃をかぶせてしまうのです。

 T・Aさんの場合もおそらく過去にそんな苦い経験があって、自分で埃をかぶせてしまっていたのでしょう。

 彼は素直な心で、自分のなかの素晴らしいダイヤモンドをそのまま認めることができたのです。自分のなかにあるすごい力を認めた分だけ、自信がわき出てきたのでしょう。

 自分自身のなかに、計り知れない能力があることをただ信じることなのです。



一生涯、幸せに生きる究極の秘訣

佐藤康行の宇宙の智慧が無料で得られる

日本初の会員プログラム【ユニバーサル・メンバーズ】


⇒ 無料会員プログラムの詳細はこちら


成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。