スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これからは地球のニーズをとらえたビジネスを目指せ

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「これからは地球のニーズをとらえたビジネスを目指せ」です。

これからはどんなビジネスが伸びるかというと、ひと言でいうならば、地球環
境が良くなる調和を目指したビジネスだといえるでしょう。これは永遠に発展
するでしょう。
また自分のなかに罪悪感が起きないようなビジネスも発展するでしょう。

この商品は売れれば売れるほど、人間の体がおかしくなるとか、売れれば売れ
るほど、環境がおかしくなるとか、動物がいなくなるとか、砂漠化していくと
か、空気や水が汚染されていくとか。そういったものを扱って、本当に誇りを
持ってがんばれるでしょうか。そのことをみんなの前で大声でいえるでしょう
か。本当にそれが永遠に広がるでしょうか。

人間のなかには、生命保存の本能があります。人間が生きていくためには何が
必要なのか、という部分を持っています。ですからその部分でも誇りを持てる、
自分自身が心から自信を持てるそういうものを扱うことです。

特に世の中が大きく変化して、地球も変わってきていますので、これからはそ
ういうものが伸びていくでしょう。
地球全体の環境、人間の生命から考えて、それにピッタリはまって、そこに力
が出せるようなビジネスは伸びるでしょう。

自分が儲かるからとか、目先だけ見て儲かるだろうとか、人が喜ぶからとか、
そういうことでビジネスをやっている人や企業が圧倒的に多いのが現状です。
一時的には人が喜ぶかもしれないけれども、全体的に見ていかないといけない
のです。

外食産業一つとってみても、栄養やバランスを考えずにメニューを考えている
場合が多いのです。口当たりがいいとか、旨いといわせればいいとか、そうい
う発想です。電化製品にしても便利になればいい、テレビや雑誌も楽しけりゃ
いい、とすべてこの程度の発想のところが多いのです。

確かにそういうニーズがあるからビジネスとして成り立つのですが、それは狭
い視野のニーズ、それも一時的なニーズをとらえたに過ぎないものです。

これからは地球のニーズをとらえたビジネスを展開するところが発展するので
す。
それが本当に誇りを持てるビジネス、本物のビジネスです。

逃げるのではなく、真っ正面から取り組むことによっていろんなことが観えて
きます。

いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



スポンサーサイト

テーマ: 生きること | ジャンル: 心と身体

どんな嫌いな上司ともいい関係は築ける

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「どんな嫌いな上司ともいい関係は築ける」です。


私たちは、一度五十キロの重さのバーベルを持ちあげることができるようにな
れば、それ以下の四十八キロや四十五キロのバーベルは簡単に持ちあげること
ができます。

人間関係も同じように考えればいいのです。

どうも今度の上司は本当にイヤな上司だと思っても、その上司とうまくやって
いけるようになったらどうでしょう。仮にまた転勤で他の上司に変わっても、
その前の上司よりも少しでもいいところがあれば、みんな素晴らしく見えるの
ではないでしょうか。

自分にとってこの上司とはやりにくいな、イヤだなと思ったら、バーベルだと
思えばいいのです。いままで会ったこともないほどイヤな上司だと思ったら、
いままで持ったどれよりも重いバーベルだと思えばいいのです。

心の筋肉を鍛えるのです。心のトレーニングだと思えばいいのです。

それに、自分の心の筋肉を鍛えてもらっていると思えば、感謝に変わります。
自分を鍛えてくれるイイ人に変わってしまいます。こちらがイイ人と思って接
するのですから、相手もまたあなたのことをイイ人と思うでしょう。人間関係
とはそういうものなのです。

なかには、よく若い などで「あの部長だけは生理的に絶対受け付けない」
といい張る人がいます。

これは最初からバーベルなんて持てない、と決めつけていっているのと同じで
す。

そうやってあまり簡単に片づけないほうがいいのです。どんな人であろうとも
自分を鍛えてくれる可能性があるのです。
むしろ、実際はそういう人ほど自分の人間的な幅を広げてくれる人なのです。
また、気難しい人ほど、じつは一番思いやりがあるということもよくあるので
す。絶対に人を決めつけてはいけないのです。

私のところに見える方のなかにも、人間関係、特に会社の上司との人間関係で
悩んでいる人は大勢いますが、大抵はいま私がいったようなアドバイスで解決
されています。

またさらに深い観点で観ていくと、周りにいる人たちはすべて、あなたに気づ
きを与えるためにいる、ととらえることもできるのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 心、意識、魂、生命、人間の可能性 | ジャンル: 心と身体

肩書きをはずして自分をみつめる

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「肩書きをはずして自分をみつめる」です。


私たちは、生きているなかで、知らず知らずに見えない洋服を着ています。厚
い洋服を着れば着るほど皮膚感覚がにぶくなります。洋服を脱げば脱ぐほど素
肌に近くなり、いろんな世の中のことや人のことに敏感になってきます。

いま私が洋服といったのは、肩書きのことです。

これからは、できるだけ洋服を脱いで素肌で感じるようになる必要があります。

そして、皮膚よりもっと奥にあるのが心、さらにその奥にあるのが魂です。

より深いところで、ものごとをとらえ発想できる人間こそが、これからの世の
中の本質を観る能力がある人間といえるでしょう。逆に肩書きや地位だけでも
のごとをとらえると、本質は絶対に観えてこないのです。

社長だから、大臣だからというのと、人間性は関係ないのです。

本人も自分は偉いからと思っていると、本質的なレベルアップが止まってしま
います。

名刺や肩書きだけで人を判断して生きるというのは、非常に情けない生き方で
す。

そんなものをすべてはずして、その人を丸裸で見たときに、なおかつ素晴らし
いといわれる人間にならなければいけない。そうでなくては本物とはいえない
のです。

一度いま着ている厚い洋服を脱いで、そして、知らない人のところへ行って、
人間的にどれだけ認めてもらえるのかを試してみるといいでしょう。

ナポレオンが「人間はオモチャで動く」といいました。

オモチャとは勲章のことです。勲章さえ与えておけば、人間は喜んで命さえ懸
けるといっているのです。まさに私たちにはそういうところがあるのではない
でしょうか。

肩書きで動かされたり、人を動かしたりするのではなく、人間性で動いたり、
人を動かしたりできるようにならなければいけません。

本当に日々人間的に成長していければ、むしろ肩書きが邪魔にすらなるのです。
昔の肩書きも、いまの肩書きも、もう過去の産物だからです。

いい服を着ようが着まいが、要は中身の問題なのです。人間的な中身をピカピ
カに磨いて、「おっ、何かこの人はすごいな」と思わせるような、そんな人間
になっていただきたいのです。それも人間のど真ンなかを磨いていただきたい
のです。



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: スピリチュアルライフ | ジャンル: 心と身体

会社人間はやがて絶滅する

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「会社人間はやがて絶滅する」です。


二十一世紀を間近かにひかえ、世のなかは激動の時代といえるでしょう。いま
まで、当たり前と思っていたものが当たり前じゃなくなり、倒産しないと思っ
ていた会社が倒産しています。

経済も、社会も、文化も、あらゆるものが根本的に変わろうとしているのです。
そんな先行きが不透明な時代のなかで、一つハッキリといえることがあります。
それは、これからは、会社や他人に依存するような甘い人間は、もうダメだと
いうことです。

ある会社の人事部長からこんな話を聞きました。

「会社を本当に支えているのは、全体の二十%くらいの社員ですよ。六十%は
会社の方が食べさせてあげているといったほうがいいでしょう。そして残りの
二十%は完全にお荷物ですよ」

会社によりかかり、すべて会社次第というサラリーマンのことを、会社人間と
いっています。この話からすると世のサラリーマンの八十%くらいがこれにあ
たるのかも知れません。

これからは、自らが会社を支えようとする人間でなければ生き残っていけなく
なる可能性があります。この船に乗れば、どこかに連れていってくれるだろう
ではダメなのです。そんな甘い考えはもう捨てなければなりません。そうでは
なくて、自らこの船のなかで何ができるだろうかと考え、精一杯行動を起して、
貢献するような人間にならなければならないのです。

「タイタニック」という映画が史上空前の大ヒットをしました。まさにあの映
画は現代の私たちに教訓を与えてくれています。絶対沈まないといわれたタイ
タニック号さえ沈むのです。私たちは、タイタニック号の無力な乗客にならな
いためにも、ここに乗ってさえいればなんとかなる、という甘い考え方を早く
やめなければなりません。

あなたが、どんな大企業に勤めていようが、もう会社によりかかる生き方はや
めなさい。会社にあれをやってもらおう、これもやってもらおう、という考え
は捨てなさい。それが会社のためでもあり、あなたのためでもあるのです。

そして、あなたが会社や周りの人たちを支えるような生き方をするときなので
す。

いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 人生を豊かに生きる | ジャンル: 心と身体

つぶれる会社は早く倒産したほうがいい

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「つぶれる会社は早く倒産したほうがいい」です。


不況といわれる現在の日本にあって、とりわけ斜陽産業といわれている業界で
は、中小企業は軒並み倒産の危機にさらされています。

私は、そういった会社の経営者に相談をもちかけられることも多くあります。
普通の経営コンサルタントならば、何とか会社を持ち直させるための指導をす
るのですが、私は、ときには逆に、会社をつぶす手助けをします。

というのは、この先倒産への道をたどるだろう、ということが確実にわかれば、
傷口が少ないうちに閉めたほうがいいからです。

経営者からすれば、自分が汗水流して育ててきた会社は、自分の子供のような
ものですから、それを守ろうとするのは当然です。そして、状況がどんなに悪
くても、かつてのような栄光と繁栄がまた必ずくると信じたいものです。その
気持ちは痛いほどわかります。

知っておいていただきたいのは、会社には一秒たりとも現状維持はない、とい
うことです。つまり、繁栄の方向に向かっているか、衰退の方向に向かってい
るか、その二つに一つなのです。

いま、このまま行ったらどうなるか。冷静に考えれば先は明確に見えてくるも
のです。

もし、衰退の方向に向かっていて、社会の流れにもそむいているのならば、も
う再建は無理です。一刻も早く整理したほうがいいのです。

そして、社会全体が求めているものに対応できるように再構築するか、いった
んきれいにすべてを捨てることです。

私たち、特に経営者は、会社はそもそも何のために存在しているのかを、改め
て考えてみる必要があります。

それは本来、社会や多くのお客さんに喜んでもらって役に立つためにあるので
す。それが、社会から「もういらないよ」といわれているのに、なぜ自分たち
のためだけに、悪あがきをしているのでしょうか。「社員の生活を守るためだ
よ」というのは、言い訳に過ぎません。その会社が倒産したって、どこか他の
ところでちゃんとやっていくものです。むしろ、世のなかから必要ではなく
なった会社に、いつまでも置いておくほうが、よほど社員にとってはマイナス
です。早く他に移ってもらったほうがお互いのためなのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 心に響く言葉・メッセージ | ジャンル: 心と身体

転職は結婚と同じ、経営者との相性が一番大事

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「転職は結婚と同じ、経営者との相性が一番大事」です。

あなたが自分にとって全然合わないものをやっても、あなたの個性や特長は活
かされてこないでしょう。すべてのものには相性というのがあるのです。類は
類を呼ぶといいます。

特に人と人の間には相性の善し悪しが大きく影響してきます。

あなたが会社選びをするときも、やはりこの相性というものを考えなければな
りません。

あなたと会社との相性です。もし、あなたが今後、転職をしようと考えること
があるならば、何より一番優先して考えなければいけないことは、あなたと会
社との相性です。そして、もっと具体的にいえば、あなたと経営者との相性で
す。

会社の規模が特別に大きければ、その割合は少しは減りますが、基本的には会
社の八十%は経営者で決まるといえます。ですから、まず経営者をよく観て、
そしてあなたとの相性が本当にいいかどうかを観るのです。そうしたらまず間
違えることはありません。

ところがそこまでわかっても判断を狂わせるものがあります。選択を誤らせて
しまうものがあります。

それは欲です。欲があるから、損得勘定で考えてしまうということです。これ
が本質を観えなくしてしまいます。こちらの方が給料がいいとか、社会的に名
のとおった会社だから世間体がいいとか、早く出世できそうだとか、そういっ
た目先の損得で考えてしまう傾向があります。これが働くと純粋に会社や経営
者との相性を観るということができなくなる可能性が大きいのです。

そして、こちらが損得で考え出すと、必ず相手側も損得で観るようになります。
彼はうちでは即戦力ではないし、育てるのに何年もかかったらその分、うちも
損だから、他の人材にしようか、となってしまいます。もし、短期的には双方
にメリットがあったとしても、今度はそれがなくなると、縁も消えてしまいま
す。今年は給料分ほどの働きをしなかったからもう必要ないなと。

ですから、本当にいい会社選び、転職をしたければ、まず損得勘定をはずすこ
とです。それと、好き嫌いも一旦はずすことです。それができないと自ら幸運
を逃してしまうことになるのです。それができてこそ、はじめて見えない力が
働いて人との縁ができるのです。自分の本来の役割もわかり、出会うべき経営
者も会社もわかってくるのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓




成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 感謝をこめて | ジャンル: 心と身体

グチは焼鳥屋でなく、会社でいえばできるビジネスマンになる

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「グチは焼鳥屋でなく、会社でいえばできるビジネスマンになる」です。


夜、オフィス街の近くにある飲み屋さんに行くと、必ず聞こえてくるのが、サ
ラリーマンの会社や上司に対するグチです。それも酔いがまわってくると、な
かには店中に聞こえるくらいの大声をあげて「ほんと、やってられねえよなあ、
まったく!」と嘆いている人もいます。

みんないろんな事情があって、大変な苦労をしているのだと思います。会社で
はいえないためストレスもたまって、焼鳥屋で本音を爆発させているのでしょ
う。

そして、そういう人ほど会社ではウソのように従順でおとなしくしているよう
です。

私はそういう方々に対して、焼鳥屋でグチをいう必要がなくなるほど、数段仕
事ができて、ストレスもなくなってしまう方法をお伝えしたいと思います。
もっとも、焼鳥屋でグチをいうのが生き甲斐になっている人には、効き目はな
いと思いますが……。

あなたがいつものように、会社帰りに同僚と焼鳥屋に寄ったときに、こっそり
とウォークマンか何かで、自分たちの会話を録音してみるのです。そして、頭
のスッキリしている日曜日の朝にでも、そのテープを冷静に聞き返してみるの
です。

そして、あなたの話している内容を二つに分けてみるのです。一つは、会社で
いえないまったく自分勝手なもの。もう一つは、あなたにそれなりのポストが
あったとしたら、いえなくもないものです。

もちろん前者は、自己中心的なたわいのないことでしょうから、これは焼鳥屋
にとどめておいたほうがよいでしょう。

重要なのは後者です。日本のビジネスマンはまじめな人が多いから、グチも単
なるグチでない場合が多いのです。後者の「いえなくもない」もののなかには、
会社を伸ばせる可能性のある素晴らしい意見や、上司や会社を改善させること
のできる忠告もあるのです。

人の悪口も、当人がその短所に気がつけばその人はグッとよくなる可能性があ
るのです。

もちろん実際に会社でそのことを思い切っていう場合は、言い方や礼儀には最
大限、気を配る必要はあるでしょう。しかし、会社のため、あるいはその人の
ためという気持ちが前提にあれば、必ずそれは素晴らしい意見として受け取ら
れるはずです。

焼鳥屋で出た本音もうまく活かせば、あなたも数段できるビジネスマンになれ
るのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

働いている人の本音を活かしきれる会社は発展する

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「働いている人の本音を活かしきれる会社は発展する」です。


私は以前、ある大手の金融関係の会社に入社して二年目という若い男性から、

こんな話を聞いたことがあります。

「ぼくは、研修期間を終え、今年からいまの部署に正式に配属になったんです
が、そこで上司の一人に『みんな会社のなかでは思っている本音の二十%も出
していないんだよ』といわれ、これが会社というところなのかとすごくショッ
クを受けたんです」

たしかに、ただ単に自分勝手な本音なら、組織のなかでは受け入れられないの
ですが、そうではなくて、その会社や社会にとって本当に必要な本音ならば、
それをいえない会社というのは非常に問題があるのです。

たとえば、外食産業の会社で、新しいメニューを開発したときに、味を聞かれ
た部下が上司の開発したものだからといって、あまりおいしくないものを、
「さすがおいしいですね」とウソをいったとします。もしそのまま、そのメ
ニューが採用になったとしたら、お客さんにとっても会社にとってもマイナス
になりますよね。

お客さんや社会に貢献することからはずれて、企業の発展はないのです。

なかには、会社ぐるみで明らかに社会に反していることをしているような会社
もあります。いま世間を騒がしているような不正取引や、ワイロ、有害物質の
使用などです。その場合は、黒を白といわなければ生き残っていけないという
ことも現実にはあります。

そのような場合は、その人の人生観の問題になってきます。自分のその会社の
なかでの保身や、ただその会社の利益のみを考えたときは、白ということにな
るでしょうが、自分の人生観にもとづいてこれはどうみてもおかしい、どうみ
ても黒だというのが本音だとしたら、毅然と「NO」といえなければならない
でしょう。

その結果、もしクビになったら、それはそれでいいじゃないですか。これくら
い腹をくくれる人ならどこに行っても食べていけます。そこで保身のために口
裏を合わせ本音をいえない人は、その会社では生き残れるかもしれませんが、
他では勤まらないでしょう。

これからは、一人ひとりが本当に会社や社会のために本音をいいきれるような
会社を選ぶことが大切です。また経営者も、そのような本音を社員に出させる
ことが、これから会社を発展させるためにも必要なのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 社長ブログ | ジャンル: ビジネス

会社にリストラされる前に、自ら会社をリストラせよ

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「会社にリストラされる前に、自ら会社をリストラせよ」です。


日本のビジネスマンは、いわゆる「会社人間」が多いといわれています。いわ
ば、会社が人生のすべてであるかのようなサラリーマンたちのことです。

いま、終身雇用がガタガタと音をたてて崩れだし、リストラが始まると、明日
はわが身かとリストラにおびえるサラリーマンが急増しています。そして、そ
ういう人たちは本当にそういう憂き目にあったら、自分の人生はお先真っ暗だ
と思ってしまいます。

そのようなサラリーマンの方々にはっきりいいたいことがあるのです。「会社
のことは一度全部捨てなさい」と。こういったら、おそらく次のような反論が
返ってきそうです。

「ちょっと待ってください!そんなこと突然いわれても、それは無理ですよ。
いままで何十年も会社のために尽くしてきて、私のいままでの人生は会社がす
べてのようなものです。転勤のたびに子供たちに寂しい思いをさせてきたし、
忙しくて家庭のことを振り返れず、女房にも苦労をかけた。数えきれないほど
の犠牲の上に私なりに頑張ってきたんですよ。それを、会社のことを一度捨て
るだなんて、そんなに単純に割り切って考えられるような問題ではないです
よ!」

確かにそうでしょう。いままでのように会社が一番大切なものならば……。

では本当にみなさんにとって、一番大切なのは会社ですか?

そうではないですね。一番大切なのはみなさんひとりひとりの人生ではないで
すか?

いま一度、自身の人生について考えてみる必要があるのです。二度とない一度
の人生なのだから、これから残された時間に何をすべきなのかを真剣に考えて
みる必要があるのです。

自分自身の人生観、生き方をしっかりこうだと確立した上で、会社なり何なり
を見ていく必要があるのです。

そしてそのためには、一度立ち止まって、私は必ず死ぬのだ、ということを三
日三晩くらい真剣に考えてみるとよいのです。そこから必ず出る答えがあるの
です。

そして、もはやこの会社にいても自分を活かせる場所がない、という結論が出
たのならば、あなたの方から辞表を出して、会社からリストラされる前に、あ
なたから会社をリストラしてしまえばよいのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 成功する為に必要な事 | ジャンル: ビジネス

いい人ほど、リストラに会う

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「いい人ほど、リストラに会う」です。


会社の業績が悪化したため、たくさんの社員が解雇されているというニュース
を頻繁に聞きます。そんななかで、いい人ほど早く会社からリストラにあって、
残っていくのは要領がいい人、ズル賢い人ばかりで本当に矛盾を感じる、とい
う話をよく聞きます。

先日もある外食産業の本部で、事務員として働いている三十代の女性からこん
な話を聞かされました。

「どうもよく見ていると、会社のなかで早くリストラにあっている人は、まじ
めにコツコツ努力している地道な人で、逆に会社に残って出世している人は、
上司にゴマをすったり、おべっかを使ったりしながら、見えないところでは適
当にやっている人ばかりなんですよ。こんな世界があっていいのでしょう
か?」

本当に納得がいかないという様子でした。そして後で聞いた話では、その女性
は結局その会社にいるのが本当にいやになり、自分から辞めていった、という
ことでした。

これからは会社の経営者や人事を決定するような重要な立場にいる人ほど、人
間的な成長が本当に必要になってくるのです。特に、どのような心の状態で人
事のような重要な決定を下すのかは、とても大切なことです。

どういうことかというと、心は多重構造になっており、重要な立場にいる人ほ
ど、一番深い心でものごとを考えたり判断をしなければならない、ということ
です。心の多重構造とは、表面的なところから順番に、理性、感情、感覚、本
能、真我というようにだんだん深い部分になっているのです。

好き嫌いという感情や、自分の都合という浅い理性で人事を決めたりしている
ような経営者や管理者がいるような会社は、これからの厳しい時代を生き抜く
ことはできないでしょう。もっと深い部分、真我と私が呼んでいるような深い
心、そこで判断できるような人間にならなければいけないのです。その心とは、
社会との調和の心です。自分の好き嫌いや都合ではなく、相手の立場にたった
らどうなのか、社会全体にとってはどうなのか、というように考えられる心で
す。

そういった心を持てない人が管理職にいるような会社は、これからは会社のほ
うが、社会からリストラされる運命にあるといえます。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: お知らせ | ジャンル: ビジネス

会社に期待せず、自分に期待する

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「会社に期待せず、自分に期待する」です。


サラリーマンがよく、会社に対して不満をいっているのを耳にします。
今度の人事でとんでもない部署に配属されてしまった。あの上司のおかげで出
世ラインから外されてしまった。うちの会社は高年齢者には冷たい……などな
ど。

なぜこんなにも会社に不満をもっているかといえば、それはみなさんが会社に
期待をしているからでしょう。

ハッキリいいます。もう会社に期待するのはやめにしましょう。事実、終身雇
用も完全に崩壊の道をたどっています。

そのかわりに、いまよりも、もっともっと自分自身に期待してください。

会社に期待しているかぎりは、よほど自分の思ったとおりにことが運んでいる
うちはいいのですが、少しでも狂いだしたら不満が残るのです。

しかし、自分に期待をすれば、自分自身の考え方や思いは今日にでも、いま、
この瞬間からでも変えることはできるのです。そして自分だけの視点ではなく、
社会全体から見たらどうなのかと考えることができるようになり、反省する心
も生まれます。そうすると、不満も残らなくなるのです。

かつてアメリカのケネディ大統領が、就任演説でいった有名な言葉があります。

「国家に何かを期待してはならない。あなたがた国民一人ひとりが国家に何を
なすべきかなのです」

会社に対してもまったく同じなのです。会社に何をやってもらおうではなく、
あなたが会社に何を貢献できるかを真剣に考えることです。

そのためには、まず自分自身の人生観をしっかり確立することが第一です。自
分の生きる上での役割は何なのか。何をやるときに最も自分が活きてくるのか。

その人生観を確立したうえで、会社に対しては何ができるだろうかと考えるの
です。

もし、いまの会社では自分の役割を果たせる場所、活かせる機会がないと思っ
たらさっさと辞めるべきです。

会社ではなく自分自身に期待をしている人は、自分の役割や能力を出せる会社
に必ずめぐりあえるものなのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: がんばるあなたを応援します! | ジャンル: ビジネス

仕事の目標の前に、人生の目標をもて

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「仕事の目標の前に、人生の目標をもて」です。


目標というとすぐ仕事の目標のことと考えられますが、仕事の目標の前に、ま
ず人生の目標というものを明確にすることが重要なのです。

我々人間は生きています。生きているということは、動物も植物も、もちろん
人間も、すべて何かの目的があるのです。目的がなくてただ生きているという
ことはないのです。

いまから七、八年前、私が当時経営していたフランチャイズのステーキ店「ス
テーキのくいしんぼ」が五十店舗を超えたころのことです。会社の方は順調に
伸びていたにも関わらず、私は極端な神経的スランプに陥ったのです。心が生
き生きせず、目の前が真っ暗でした。「おまえは何をやりたいのだ。金が欲し
いのか、出世したいのか。一体何がやりたくて朝から晩まで頑張っているん
だ」と自分に問いかけてみました。それらは、ないよりあったほうがいいに決
まっています。しかし、それらを全部手に入れて本当に幸せなのかと問いかけ
たら何か物足りない、何かきっと虚しくなるような気がしたのです。

では、絶対に虚しくならないものは何だろう、と考えたのです。一度しかない
人生を「ああ、おれの人生は良かった。最高だった」といって、あの世に行く
人生とは何なのだろうかと考えてみたのです。店を何千店舗出すとか、一千億
円企業にするとか……。

でもそれは何か深いところをついていないような気がしたのです。それで、
「何なのだろう、何なのだろう」と、三日三晩、自問自答し続けてみました。

そしてようやく答が二つ出たのです。一つ目は自分を高めること、二つ目は人
に喜んでもらって自分も喜ぶこと、でした。世のなかには悩んでいる人や、本
来の自分を出し切れないでいる人が多い。まずは私自身が昨日より今日、今日
より明日と自分を成長させることにより、そういう人たちにすばらしい影響を
与えていくのだと、それも具体的に行動していくのだという人生の目標を持ち
ました。

これが私がいまやっている真我開発講座や講演、その他の活動すべての目標に
なっているのです。そしてこの人生の目標が明確になってからはもう迷うこと
はなくなりました。

人生の目標をはっきりさせた上で、仕事や私生活を考えていけば、おのずと仕
事の目標や私生活のあり方が明確になってくるのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 成功をかなえる自分に向かって | ジャンル: ビジネス

業績をあげる答は自分のなかにある

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「業績をあげる答は自分のなかにある」です。


いまモノが売れない時代といわれ、営業成績が伸びず、ノルマを達成できずに
苦しみもがいている営業マンが増えています。私の所にも、「どうしたらもっ
とセールスできるようになるのか教えてください」という相談を持ちかける人
がいます。私は、「いくらノウハウやテクニックを身につけようと勉強しても
無駄だよ」といいます。答は会社で教わるセールステクニックやノウハウ本の
なかにはないのです。自分の心のなかにあるのです。

三十二歳の化粧品のセールスマンは、そんな一人でした。妻子がいて最低、月
に三十万円の収入は必要なのに、完全歩合給で収入は十万円にも満たない状態
だったのです。

奥さんは子供を連れて実家に帰るといい出すし、会社にも居づらくなるし、自
身はストレスで胃かいようになるし、「人生こんな筈じゃなかったんです」と
うなだれていました。聞いてみると、訪問販売してもすっかり断られ癖がつき、
最初からビクビクして訪問をするものだから、無視はされるし、怒鳴られるし
で、ただただ街をさまよっているというのです。かといって転職するにも、あ
らたに雇ってもらえる自信もない。「お客様にひどく扱われた後などは、ふと
一瞬トラックに突っ込んでいこうかと思った。こんな私でも、人生で蘇ること
ができるのでしょうか?」ともいうのです。

私はセールスマン時代の実体験もまじえて、心の奥の奥、愛の心でお客様や商
品に接することができるようになれば、必ず売れるようになるんだということ
を彼に語りました。話を聞いているうちに彼は、「もう一度チャレンジしてみ
ます」といって帰って行きました。彼は、次の日、訪問する一軒一軒に人生が
かかっているんだという気持ちで、あるお宅を訪問しました。出てきた主婦に
二時間全力で話をしました。そして何と、その家を出たときには彼の契約書に
はサインがしてあったのです。

それからというもの毎日一~二件の契約がとれるようになり、その月の収入は
六十万円にまではね上がったのです。そのうち十万円を自分の小遣いにして、
残りの五十万円を奥さんに渡したとき、本当にびっくりした顔をしていたそう
です。彼に必要だったのは、自分自身を百パーセント信じる力と、相手に伝え
ようという熱意、興奮ともいうべき思いの力だったのです。周りがどうだとい
う前に、まず、自分自身の心のなかをじっくり見て、そこから答えを見つけだ
せれば、業績は必ずあがるのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 知っておいて損はない!! | ジャンル: ビジネス

いまは本当の不況ではない

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「いまは本当の不況ではない」です。


いま、新聞やテレビ、雑誌を見ても、またいろんな会社のビジネスマンと会話
をかわしてみても、不況という言葉ばかり出てきます。まるで日本中が不況の
大合唱をしているみたいです。

では、本当に不況なのでしょうか。いいえ、決して不況ではないのです。
バブルのときとくらべているから、不況に見えるだけなのです。

では、日本が戦争に負けたときはどうだったでしょうか。一日三食満足に食べ
ることができなかったのです。電化製品どころか、まともに住む家さえなかっ
たのです。
いまは、日本で飢え死にする人なんて聞いたこともありません。みんな生活に
必要なものはすべて持っているし、子供を学校に通わせてあげることもできま
す。

不況不況といっているけれども、それをいう前に考えなければならないことが
あります。
そもそも私たちは何をもって景気がいいとか発展したとか、いっているので
しょうか。
それはすべてお金に換算していっている言葉にすぎないのです。

バブル経済がはじけて、経済が下降線をたどっているのは、じつは私たちに大
きな気づきを与えているのです。
お金を第一に追いかけたその結果がバブルの崩壊であり、いまの状況をつくっ
ているのです。

私がこの本を通していいたいのは、これから二十一世紀に向けて、いろんな価
値観が大きく変わってこなければならないということです。いや、変わってい
かなければならない時代にきているということなのです。

それは、従来のお金を基準に考えた発展から、もっと本質的なものの発展へと
変わってこなければならないということです。
その発展とは、経済よりも先に、一人ひとりが人間的に成長し、社会に役立つ
人間になるということです。
そしてその結果としてお金や物質がついてくる、という社会です。

いままさに、一人ひとりが生き方を問われているときなのです。そしてこれか
らは、まじめで手を抜かない本物こそが残っていく時代なのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 人生を変えたい! | ジャンル: ビジネス

あなたという人間は考えている百倍も素晴らしい

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「あなたという人間は考えている百倍も素晴らしい」です。


普通、「私なんて大した人間じゃないですから」という人を謙虚、「自分は素
晴らしい人間なんです」という人を傲慢と呼んでいます。
しかしじつは、自分は本当に素晴らしい、と心から思えることが最も謙虚なの
です。

あなたがあなたのクルマを、「このクルマはなんて素晴らしいクルマなんだろ
う」といったとしたら、そのクルマを作った人のことを褒めていることになり
ます。

ではあなたを作ったのは誰ですか。両親であり、そのまた両親であり、先祖の
人たちです。しかし両親にしても、この子を生もうと思って生んだわけではな
いのです。子供を設計して自分たちの思ったとおりに作っているのではありま
せん。自然の摂理なのです。そうやってつきつめていくと、宇宙の真理とも呼
べるようなものが作ったといえるのです。

あなたが、「私はダメだ」といえば、両親もダメ、先祖もダメ、宇宙の真理も
ダメだといっているのと同じことになります。
あなたが、「私は素晴らしい」といえば、両親も素晴らしい、先祖も素晴らし
い、宇宙の真理も素晴らしいといっていることになります。

また、私がダメなら、子孫もダメ、私が素晴らしければ、子孫も素晴らしくな
るのです。
だれ一人例外なく、自分自身のなかに素晴らしい自分がいるのです。もし、そ
う思えない自分がいたら、本当の素晴らしい自分のほんのわずかしか出してい
ないのです。

もっと素晴らしい偉大な自分がいることを自覚することなのです。無限の愛そ
のものの自分がいることを自覚するのです。

私はこれくらいの人間だろう、とあなたが考えている百倍も千倍も一万倍も本
当は素晴らしいのです。そのことに一刻も早く気づいた生き方をしていただき
たいのです。
その後の人生が百八十度変わってしまうほど、あなたの人生は激変するでしょ
う。

こういう生き方こそが二十一世紀のほんものの生き方なのです。本当の謙虚な
素晴らしい生き方なのです。

この本は、みなさんがこれを読んで、本当に素晴らしい生き方をできる人間に
生まれ変われるように書かれています。単なる考え方や思想をいっているので
はありません。

あなたも間違いなく生まれ変われるのです。

いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ




テーマ: 成功する為に必要な事 | ジャンル: ビジネス

逆境こそ、自分が生まれ変わるチャンス

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら



こんにちは、佐藤康行です。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

逆境こそ、自分が生まれ変わるチャンス

「佐藤さん、もう一度考え直した方がいいんじゃないですか?」
A氏は、私の顔をのぞきこむようにこういいました。
私はそのとき、創業以来二十年間経営をしてきたステーキレストラン・チェー
ン(四十五店舗あった)の経営権を、A氏に譲渡する契約の場にいました。私
は思わず、

「ちょっと待ってください」
といって、トイレに駆け込みました。この場にのぞむ前までは、自分が創業し
た会社を手放すことに対する迷いも未練もなくなっていました。

ところがいざ契約書をかわす直前に、A氏からいわれたこのひと言に対して、
さすがに即答することができませんでした。
私は狭く薄暗いトイレのなかで大きく深呼吸しました。(佐藤康行、お前は本
当に決意をしたんだな。もう迷いはないな。たとえ将来、一文無しになっても
悔いることはないな?)

まさにこの瞬間、私は本当に生まれ変わったのです。店舗拡大、利益追求に東
奔西走してきたいままでの実業家としての生き方と、築き上げてきた多くの店
舗を完全に手放したのです。そして、人々が本当の自分を自覚し、自分自身の
使命を体得していただくために、残りの人生のすべてを賭けようと決断したの
です。

これからの時代を生きていく上で、すべての人々にとって最も大切なことは、
己、つまり、本当の自分を知ることであり、それを手助けしていくことこそが
私自身の使命であると確信したのです。

契約を終え、事務室のビルを出た瞬間、見計らったように携帯電話が三本続け
て鳴りました。驚いたことにその全部が、実業家としての私にではなく、生ま
れ変わった佐藤康行への講演の依頼だったのです。それからの私は、すべての
時間とエネルギーを人が「生まれ変わる」ために費やしています。この一点の
ためだけに全精力を傾けています。

では、この本のテーマである「生まれ変わる」とはどういうことでしょうか。
それは「本音で生きる」ということなのです。自分の本音に従って人と話した
り行動したりするということなのです。

このようにいうと、みなさんからは「とてもじゃないがいちいち本音を話して
いたら、会社のなかで生き残っていけませんよ!世のなかそんなに甘くないで
すよ!」という反論が聞こえてきそうです。

みなさんは会社で上司にペコペコして、当りさわりのない会話をするのが「建
て前」で、帰りに焼き鳥屋で会社や上司への愚痴や不満、悪口をいうことを
「本音」と呼んでいます。それが「本音」ならば、確かにみなさんは「本音」
を話すことで、会社を辞めることになるか、トラブルをひき起して左遷される
ことになるでしょう。

では、はたして本当にそれが「本音」なのでしょうか。じつは、それは「本
音」ではないのです。私がいっている「本音」とはさらにその奥に潜んでいる
のです。

なぜ人間が愚痴や不満をこぼしたり、怨んだり、嫉妬をするのかというと、そ
れは、上司に認めてもらいたい、わかって欲しい、みんなから愛されたい、そ
ういう気持ちが心の奥にあるからなのです。そんな気持ちがあるからこそ、認
められない、わかってもらえない、愛されないときに、愚痴や不満や怨みや嫉
妬という形になって現われてくるのです。

つまり、私たち一人一人は全員、心の奥深いところ、まさに本音のところで愛
を求めているのです。愛こそが本当の「本音」なのです。

私が「本音で生きる」といっているのは、心の一番奥にしまってある愛を心の
扉のなかから取り出して、そしてそこを原点にして生きていく、ということな
のです。その観点からすべてのものを観ていくと、いままでとは観方がまった
く異なってくるのです。

あなたの会社のこと、仕事のこと、奥さんや子供のこと、また社会や世のなか
のこと、将来のこと、すべてがいままでとは全然違って観えてくるのです。

二十世紀ももうすぐ終りを告げようとしていますが、わが国ではいま、未曾有
の不況により全国民が先行き不安な状況におかれています。また、仕事をして
いても人生の本当の充実感や喜びが見い出せず、空しい日々を漫然と過ごして
いるビジネスマンがとても多いのです。さらには新種の病気や凶悪犯罪、子供
の暴力なども深刻な問題です。地球の環境破壊の問題にしても決して他人事で
はなくなってきています。

こういった現代の抱える問題は、すべて私たちが自分だけの利益やエゴを追求
した結果生じたものなのです。それはいいかえれば、自分たちだけに都合のい
い論理、理屈を優先させた結果であり、これまでに得た知識をもとに、頭で考
えた結果でもあるのです。

だが、現状はどうでしょう。問題を解決する方向はいっこうに見えていません。
そして、そのように頭のなかの知識だけで考えたやり方では、私たちが幸せに
なり、心から豊かな社会を作ることは永遠にできないということを、歴史がい
ま、教えてくれています。

私たちは、知識偏重のやり方、頭で考えるのではなく、人間の心の一番奥にあ
る本音の愛からすべてを観る生き方が必要なのです。私はこのことを著作やセ
ミナーをとおして多くの人たちに伝えています。そのことによって多くの方が
劇的に「生まれ変わる」瞬間を見てきました。人は誰でもいままでの自分から
脱皮し、生まれ変わることができるのです。

この本では、人間が本音の愛からすべてを観るようになったとき、人生や仕事
がどのように変化していくのかを数多くの実例を踏まえて書き記してあります。
そこには、仕事に対する取り組み方や人間関係などにおいて、いままで想像も
できなかったような変化が実際に数多く起こっています。

あなたのなかにも、必ず本音の愛があります。その気にさえなれば、そこから
物事の本質が観え、そこから出る行動というのがあるのです。

そうなると、いままでのあなたと百八十度違う人生が送れるのです。まさにい
ま生まれ変われるのです。そして一刻も早くそのことに気づいて、これからの
人生を本音を大切にして、心豊かに悔いのない生き方を、愛と喜びにあふれた
人生を送って欲しいのです。あなたがこの本を読んで本当に生まれ変わること
を心より願っています。
                               佐藤康行


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ




テーマ: 人生を変えたい! | ジャンル: ビジネス

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。