スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人事を尽くして天命を待つな、天命を悟って人事を尽くせ

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「人事を尽くして天命を待つな、天命を悟って人事を尽くせ」です。

「人事を尽くして天命を待て」という言葉があります。私は大自然の原理から
いうと、この言葉は正確ではないととらえています。

当時三十二歳だったN・Cさんは、実業家として成功しようと、二十六歳で大
企業を退職して以来、必死でいろんな事業に挑戦し続けてきました。ところが
結局いつまでたってもこれといった結果を出せずに、かなり、自信喪失気味で
した。

それが私の講演を聞いたのをきっかけに、彼の人生は大きく変化していったの
です。
その後三年ほど経ってから、私のところに訪ねてきた彼からこんな話を聞きま
した。

「先生の話を聞いてから、ボクの人生は随分変わりました。それまでは、まず
は実業家として成功しようと、ひたすら努力してきたのですが、本当にそれが
ボク本来の天命なのだろうか、と考えるようになりました。自分が天から与え
られた役割はひょっとしたら違うんじゃないかと。そして、じっくり自分自身
に自問自答をしているうちに、ボクの本来の役割は、人を癒したり、人を力づ
けたりすることだ、ということがわかったのです。いまはまだまだ半人前です
が、人材コンサルタント、あるいは心理カウンセラーとして、活躍できるよう
になりました。いまは本当に充実して仕事をしています」

私たちは、目先の仕事を最優先に考えてしまう傾向があります。しかし、本当
は、仕事の前に自分の人生があるのです。何のためにこの世に生を受けて、何
をやって死んでいくのかと。

「人事を尽くして天命を待て」とは、目をつぶって何かやりなさい、といって
いるのと同じなのです。

まず、天命を早く悟ることです。そして、天命にそって人生なり仕事なりを歩
んでいくことです。ただめくらめっぽうでがんばってから、ハッと自分の天命
と違うことに気がついたら、それまでの年月をムダにしてしまう可能性があり
ます。

ほとんどの人が、自分の天命を知ろうともせず、「とりあえず」といって、目
の前に与えられた仕事に没頭してしまいます。そして、ときだけがたって、後
から気づいても、もう燃え尽きてしまっていて、体力も気力もなくなってしま
うのです。

出発する前に自分の天命や役割をはっきりと認識させることが何よりも大切な
のです。

周りの環境を引き上げるか、引きずられ落されるかはまさにあなた次第なので
す。

いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



スポンサーサイト

テーマ: 経営 | ジャンル: ビジネス

環境を作るのはあなた自身だ

佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「環境を作るのはあなた自身だ」です。

環境は人を作るといいますが、その環境を作るのはやはりあなた自身なのです。

四十歳の結婚相談業を営むY・Uさんは、私の講座を受けた一人です。
彼女は、ある教えを十八年間も学んできた方でした。

「なかなか自分を変えるのは簡単ではないと思っていたんですが、たった二日
で生まれ変われると聞いたので、是非試してみたいと思って」
受講したのでした。

それまでは、いまの自分を作っているのは親・先祖といった環境だと思ってい
ました。
ですから、自分を変えるのは容易ではないと感じていたようです。

ところが受講後、周りの環境がバタバタと変わっていったのでした。

「不思議に周りの人たちが急に変わったんですよ。身近な人たちが変わったん
です。みんないい方向に。急に私に対してよくしてくださるんです。接し方が
違うんです。それから、
どうしてこの人が、と思うような人が突然ご馳走してくれたり、ものをくれた
り、みんな好意的にしてくれるんです。思いもよらない人から仕事の依頼も来
ました。それに周りに縁のできる人たちも以前とは変わってきました」

あなたは環境といったときに、あなたの周りの人たちのことだけを環境といっ
ていないでしょうか。環境というのは、あなたの心のこともいうのです。あな
たの心のなかがどんな環境かということもあるのです。ですから、環境を変え
るというのは、周りを変えるだけではなく、あなたの心を変えるということも
考えなければならないのです。

人は人との出会いとか、縁によって自分自身の心が変わるということがありま
す。その自分の心が環境を作りあげ、環境が自分自身の心を作っていく。この
相互作用によって人生は大きく決まっていくのです。

育ちが悪い、会社が悪い、社会が悪い、何が悪い、だから私はこんなに悪いん
だという人がよくいます。

あなたの強い心が周りの環境を引っ張っていくこともできるのです。逆に、あ
なたが環境に引きずられていくこともあるのです。


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 人生を変えたい! | ジャンル: ビジネス

心の扉は外開き、内側から押してこそ開く

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「心の扉は外開き、内側から押してこそ開く」です。

世のなかにはいろんな勉強会やセミナーがあります。そしてそれらに参加した
人が一生懸命に勉強し、「いやあ、勉強になった。いい話だった」といって
帰ってくるけれども、帰ってきて実際にそれが実社会のなかで活かされている
かというと、はなはだあやしかったりします。単なる「いい話」で終わってし
まう例が多いようです。

それはなぜかというと、ほとんどの人が、「いい話」を単なる情報や知識とし
て、頭のなかに詰め込むに過ぎないからです。

現実社会に活かすには、それを自分のなかから出していかなければなりません。
自分の心を開いていかなければならないのです。

ちょうど、心に扉というものがあるとするなら、心の扉は外開きなのです。外
開きですから、外から開けることはできないのです。扉を開けるのは、なかか
ら押すしかないのです。

人からああしなさい、こうしなさいといわれても、自分が心を閉ざしていたら
実行するのはムリなのです。他人が心のなかに手を突っ込んで、扉を開けるこ
とはできないのです。

他人ができるのは、扉を外からドンドンとたたいて、「おーい、開けてく
れ!」と叫ぶことだけなのです。どんな素晴らしい先生の話を聞いてもムリで
す。

では、どうしたら自分から心を開くことができない人が、心を開くことができ
るようになるでしょうか。それは、自分から積極的に、何でも話のできる環境
に身を置くというのが一番でしょう。本音を自由にいい合える環境づくりとい
うか、そういう人間関係です。

心の扉を開けなければ、話ができないような環境を作ることです。親友かもし
れませんし、夫婦というパートナーかもしれません。

そんな環境を作ることによって、自分のもともとある素晴らしい心を開いて、
それをどんどん社会に出し、表現していってこそ、学んだものがすべて生きて
くるのです。

私が一貫していっていることは、心の一番深いところには、誰もが最高に素晴
らしく、最高に便利なものを持っているのですから、それを出し惜しみせずに
出しなさい、ということです。ほとんどの人はそれに気づかず、閉じ込めたま
ま一生を終わってしまうのです。

本当にもったいないことです。気づいた方からどんどん外へ出して欲しいもの
です。


佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ



いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 成功の為の気付き | ジャンル: 就職・お仕事

素直さはすべての扉のマスターキー

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「素直さはすべての扉のマスターキー」です。

松下幸之助さんが晩年、ある記者から「成功の秘訣は何ですか?」と質問をさ
れたときに、「素直になることですな」とひと言で答えたと聞いています。

素直な心というのは、やはり大成功者の共通して持っている特徴のようです。

素直な人というのは、決断が早いのです。例えば、自分が失敗し、「あんたこ
こがおかしいよ」といわれたとき、「あっ、本当におかしかった。すみませ
ん!」とパッと謝って、すぐそれを過去のこととしてしまうのです。そして今
度はそれをノウハウにして、それを活かして次のことを実行するというように
じつに切り替えが早いのです。

だから私は、いつもありのままを出すということを心がけています。ありのま
まの自分をそのまま出すのです。ありのままの心を出せば、そのまま返ってき
ますから、悪い言葉を吐いたら、悪い言葉が返ってくるのです。逆に、相手に
喜んでもらおうと考え、そのように行動すると、やはり相手もこちらを喜ばせ
ようという言葉や空気を返してきます。

ありのまま心を出すことが大切なのです。もし自分の心を作って出すと、作っ
たものが私だと思って相手から返ってきますからわからなくなるのです。

お面をかぶって自分の顔を鏡で見ても、お面をかぶっているから顔の汚れてい
る部分がわからず、拭けないのです。しかしお面をガバッと外せば、素顔を見
て、どこが汚れているかすぐにわかるから、そこをサッと拭けばいいだけなの
です。簡単なことです。

だからありのままやるということが、一番自分を成長させやすい。素直になる
ということが一番の生きていくうえでのコツなのです。

恥をかくなら、ありのまま恥をかいたほうがよい。失敗するなら、ありのまま
失敗したほうがよいのです。上司に対して取り繕ったり、謙虚そうに振る舞っ
たりする必要はないのです。その方が百倍楽ですし、自分がよくわかるのです。
つぎからどうしたらよいのかわかるのです。

素直に本当の自分の無限の力を信じ切り、人に素直に感謝の気持ちを伝え、人
を真っ白な気持ちで愛することができると、ここ一番というときに、本当に信
じられないような力が出てくるのです。

素直さは、仕事を発展させ、生活を充実させるための最も大切な鍵なのです。


佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 成功の為の気付き | ジャンル: 就職・お仕事

本音の奥に本音がある

成功したいと努力しているのに
思うように成功が実現できない方へ



『無料メールセミナー』の詳細はこちら




こんにちは、佐藤康行です。

本日は、「本音の奥に本音がある」です。

「本音」と「建て前」という言葉があります。

大人になって社会人になると、なかなか「本音」がいえなくなる、といいます。
それは「本音」をいったら、組織や社会のなかでは調和がとれないことが多い、
と思っているから、いえなくなるのです。では、私たちの「本音」とはそれほ
ど不調和なものなのでしょうか。

会社で上司に対して、「部長のおっしゃるとおりです。ごもっともです」と差
し障りなく合わせておくのが「建て前」で、家で奥さんに「今度の部長は傲慢
で、全然オレの意見なんか聞いてくれないよ。本当やってられないよ」とボヤ
いているのが「本音」だと、私たちは思っています。

では、本当にそれが「本音」なのでしょうか。

確かに会社で上司にゴマをすっているよりは、ずっと「本音」に近いでしょう。
しかし、そこでもっと掘り下げて考えていただきたいのです。

「オレの意見なんか聞いてくれないよ」とボヤいているのは、どういう心から
きているのでしょうか。それは、もっと自分のことを認めてもらいたい、とい
う心が内にあるからではないでしょうか。

不満や怨みや嫉妬があるのは、すべて、認められたい、わかって欲しい、愛し
て欲しいという気持ちが奥にあるからなのです。それが認められない、わかっ
てもらえない、愛してもらえないから、その裏返しとして、不満や妬みのよう
な気持ちが出てくるのです。

つまり、私たちの一番の「本音」とは何かというと、それは愛なのです。すべ
ての気持ちは愛を求めるところからくるのです。全員それは同じなのです。そ
ういうとらえ方ができたときに、人の見方も、上司との接し方も、おのずと
違ったものになってくるのです。

ですから、本当の「本音」は、全然不調和なものではないのです。そこがわか
れば、自分にも自信が持てますし、人との関係においても、「本音」で接する
ことができ、とても調和することができるのです。

その本当の「本音」を確認するためには、できるだけ深いところを掘り起して
くれるような環境、つまりはそういう人間関係をどこかで持っている方がよい
のです。


佐藤康行の宇宙の智慧-無料会員プログラム ユニバーサル・メンバーズ


いつもご覧いただき、ありがとうございます!
良かったら下のバナーをクリックしてランキングにご協力ください!

↓ ↓ ↓ ↓





成功したいと努力しているのに思うように成功が実現できない方へ



テーマ: 幸せに生きる | ジャンル: 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。